アイリスト検定と求人

アイリストというのはまつ毛のエクステを行うなど目の周りの美容の専門家です。

美容師免許が必要な専門職です。

アイリストと名乗るには2種類の免許があり、美容師免許を持った美容師さんがアイラッシュの業界に進出しているパターンと、もともとこの業界にいて、エクステなどの規制にあわせて美容師免許を取得したというプロです。

アイリストは比較的新しい職種で、まだまだプロの人材が少ないので、競争率が激化する前の状態。

求人も多いです。

美容師として免許がある人は、民間のスクールなどでアイリストの資格をとってしまうと、仕事の幅が広がります。

もともとこの分野で活躍している人は、早く資格をとってしまう方がいいでしょう。

美容師とアイリストは同じ美容師免許が必要とはいえ、実際の施術は全く違います。

パーマやカラリングでも髪の毛や頭皮にダメージを与えるようなことがあってはいけませんが、目に関しては敏感な部分でもあり、さらに注意が必要です。

万が一のことがあってはいけないですよね。

アイリストそのものは、民間の検定資格もありますから、受験してみるのもいいでしょう。

求人に応募する際にも、技術の証明になります。

民間検定も以前はまつげエクステンション技能検定といっていたものを、アイリスト技能検定、プロアイリスト検定などのように呼ぶようになっています。

検定を持っていることが求人応募の条件になっていたり、給与が検定級によって変わったりということもあるので、挑戦しておいて損はありません。

【こちらのサイトも参考に・・・http://www.dunnedirk.com/